teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


 投稿者:Rain  投稿日:2019年11月 8日(金)00時07分40秒 fp93c0abd7.hygk206.ap.nuro.jp
返信・引用
  自らへの信のある人は、誰に対しても怖じることがなく、彼は私に敵意があるのではないかと疑いを抱く事もない。

アーラヴァカに対して釈尊が振る舞ったように、怖じることがなく、敵意もない。
 
 

Re: 種は備わっている

 投稿者:SRKWブッダ  投稿日:2019年10月20日(日)00時25分13秒 softbank220063098188.bbtec.net
返信・引用
  > No.385[元記事へ]

> 人には、基本的に種(=信仰)は備わっていると見るべきでしょうか。
>
> 人は実はやさしいと言うことについて信のある人を、信仰ある人と呼ぶのか。
> このことについて信を確立したいとも思うが、ふとした拍子に、まだ胸がざわつく。私にはまだ疑念があって、それが信仰の阻害されていることを示している。

→ 他人は関係がない。修行者本人に正しい信仰があるかどうかが問われる。胸がざわつくならば、信仰は無いと考えなければならない。もちろん、強引な信仰は信仰とはならない。

誰にとっても、正しい信仰を確立することは容易ではない。一般に、徳行に篤く精励することによって信仰は培われると説かれる。
 

種は備わっている

 投稿者:Rain  投稿日:2019年10月19日(土)21時03分40秒 UQ036011224140.au-net.ne.jp
返信・引用
  人には、基本的に種(=信仰)は備わっていると見るべきでしょうか。

人は実はやさしいと言うことについて信のある人を、信仰ある人と呼ぶのか。
このことについて信を確立したいとも思うが、ふとした拍子に、まだ胸がざわつく。私にはまだ疑念があって、それが信仰の阻害されていることを示している。
 

Re: 専心・静けさと定

 投稿者:SRKWブッダ  投稿日:2019年10月19日(土)17時11分26秒 softbank220063098188.bbtec.net
返信・引用
  > 人は、静けさに専心する事で安定し、己を保って道の歩みに専念出来、そのような中で正しく気をつけることを会得して、正しく気をつける中で善知識との邂逅を果たすのであるならば、静けさに専心する事は涅槃に役立つと言えるでしょうか。
>
> また、静けさの中で想いは鎮まるが、想いが本から浄められ、塵垢を二度と纏わないようになるのは、何によるのでしょうか。
>

想いが本から浄められ、塵垢を二度と纏わないようになるのは、何によるのでしょうか。

→ 信仰によって解脱し、自分自身、塵を撒き散らすことが無くなったとき、塵を受けることが無くなる。信仰に欠ける者が、塵垢を纏ったように感じ、それがぬぐい去られることは無い。
 

専心・静けさと定

 投稿者:Rain  投稿日:2019年10月18日(金)23時27分45秒 fp93c0abd7.hygk206.ap.nuro.jp
返信・引用
  人は、静けさに専心する事で安定し、己を保って道の歩みに専念出来、そのような中で正しく気をつけることを会得して、正しく気をつける中で善知識との邂逅を果たすのであるならば、静けさに専心する事は涅槃に役立つと言えるでしょうか。

また、静けさの中で想いは鎮まるが、想いが本から浄められ、塵垢を二度と纏わないようになるのは、何によるのでしょうか。
 

衆生 の 完成

 投稿者:ぽぽんた  投稿日:2019年 8月31日(土)00時39分23秒 FLH1Adc113.tky.mesh.ad.jp
返信・引用
  まどか な やすらぎ。

すべて が やすらかである

こと を。
 

削除について

 投稿者:SRKWブッダ  投稿日:2019年 8月16日(金)21時33分36秒 softbank220063098188.bbtec.net
返信・引用
  当掲示板は、仏教、覚りの境地に関することならば何でも書き込んでOKです。ただし、そうでは無いと管理者が判断した場合には予告なく削除することがあります。御了承ください。  

Re: 発心

 投稿者:ckk  投稿日:2019年 8月13日(火)23時15分56秒 softbank126219205030.bbtec.net
返信・引用
  > > これは仏教ではないが
> > 『自ら助くる者を助く』とは的を射てるなあとつくづく思う。
> > これは仏教で言うところの『発心』だろう。
>
> → 『自ら助くる者を助く』という言葉を発心であると考える者は、覚っていないし、覚ることが難しい。何となれば、発心とはそのようなものでは無いからである。
>
> ***

発心とは、あくまでも"目から鱗になる切っ掛け"そのものの事でした。わざと自分で起こせるようなものではありませんでした。
『自ら助くる者を』と言うのは、
不動の境地、と言うところでしょうか。

厳密な表現に欠いてました。
 

Re: 発心

 投稿者:SRKWブッダ  投稿日:2019年 8月13日(火)22時04分41秒 softbank220063098188.bbtec.net
返信・引用
  > No.377[元記事へ]

> これは仏教ではないが
> 『自ら助くる者を助く』とは的を射てるなあとつくづく思う。
> これは仏教で言うところの『発心』だろう。

→ 『自ら助くる者を助く』という言葉を発心であると考える者は、覚っていないし、覚ることが難しい。何となれば、発心とはそのようなものでは無いからである。

***
 

学生ウパシーヴァの質問

 投稿者:Rain  投稿日:2019年 8月13日(火)21時54分24秒 fp93c0abd7.hygk206.ap.nuro.jp
返信・引用
  1069 ウパシーヴァさんがたずねた。「シャカ族の方よ。わたくしは。独りで他のものにたよることなくして大きな煩悩の激流を渡ることはできません。わたくしがたよってこの激流をわたり得る〈よりどころ〉をお説きください。あまねく見る方よ。」

1070 師(ブッダ)は言われた、「ウパシーヴァよ。よく気をつけて、無所有をめざしつつ、『何も存在しない』と思うことによって、煩悩(ぼんのう)の激流を渡れ。諸々の欲望を捨てて、諸々の疑惑を離れ、妄執の消滅を昼夜に観ぜよ。」

1071 ウパシーヴァさんがいった、「あらゆる欲望に対する貪(むさぼり)りを離れ、無所有にもとづいて、その他のものを捨て、最上の〈想いからの解脱〉において解脱した人、ーかれは退きあともどりすることなく、そこに安住するでありましょうか?」

1072 師は答えた、「ウパシーヴァよ。あらゆる欲望に対する貪りを離れ、無所有にもとづいて、その他のものを捨て、最上の〈想いからの解脱〉において解脱した人、ーかれは退きあともどりすることなく、そこに安住するであろう。」

1073 「あまねく見る方(かた)よ。もしもかれがそこから退きあともどりしないで多年そこにとどまるならば、かれはそこで解脱して、清涼(しょうりょう)となるのでしょうか?またそのような人の識別作用は(あとまで)存在するのでしょうか?」

1074 師が答えた、「ウパシーヴァよ。たとえば強風に吹き飛ばされた火炎は滅びてしまって(火としては)数えられないように、そのように聖者は名称と身体から解脱して滅びてしまって、(存在する者としては)数えられないのである。」

1075 「滅びてしまったその人は存在しないのでしょうか?或いはまた常住であって、そこなわれないのでしょうか?聖者さま。どうかそれをわたくしに説明してください。あなたはこの理法をあるがままに知っておられるからです。」

1076 師は答えた、「ウパシーヴァよ。滅びてしまった者には、それを測(はか)る基準が存在しない。かれを、ああだ、こうだと論ずるよすがが、かれには存在しない。あらゆることがらがすっかり絶やされたとき、あらゆる論議の道はすっかり絶えてしまったのである。」

スッタニパータより
 

レンタル掲示板
/39