teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 遍歴

 投稿者:sn  投稿日:2018年 2月26日(月)13時01分50秒 opt-219-124-162-119.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  > No.253[元記事へ]

この度もありがとうございました
 
 

Re: 遍歴

 投稿者:SRKWブッダ  投稿日:2018年 2月26日(月)12時41分21秒 softbank220063098188.bbtec.net
返信・引用
  > No.252[元記事へ]

> 悪行をなすことを繊細に恐れ、身動きが取れなくなってしまう私もどこかおかしいと思います
>
> 戒律については弾力的に対応すればよいとありました
> その一方で人を享楽に導くことの恐ろしさも説かれています
> それを思えば、とても切迫した状況で、そういった享楽が恐ろしく見えます
>
> 私はまだ若いので、享楽的なやりたいこともあります
> ですが、もはやあきらめるしかないかもしれないと感じました
>
> 立派な修行者は、何一つ犠牲にすることなく、何一つあきらめることなく、道の歩みを堅固ならしめる
> といったお言葉もありますが、
>
> 私のやりたいことは、人を巻き込むならばやはり悪行にしかならないと思います
> こういったことについては、やはりあきらめなければならないと考えてよいのでしょうか?
>
>
>

→ それが禁欲主義に基づく結果であるならば、その何かをあきらめることは何の意味もありません。たとえば、子供がオモチャをゴミ箱に捨ててしまえば大人になれるのだろうと空想するようなものです。あるいは、それは家出を出家と混同するような愚行に過ぎません。ではどうするか?その真の、正しい答えを追求するその過程が、修行に他ならないのです。

***

 

Re: 遍歴

 投稿者:sn  投稿日:2018年 2月26日(月)11時24分22秒 opt-219-124-162-119.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  > No.251[元記事へ]

悪行をなすことを繊細に恐れ、身動きが取れなくなってしまう私もどこかおかしいと思います

戒律については弾力的に対応すればよいとありました
その一方で人を享楽に導くことの恐ろしさも説かれています
それを思えば、とても切迫した状況で、そういった享楽が恐ろしく見えます

私はまだ若いので、享楽的なやりたいこともあります
ですが、もはやあきらめるしかないかもしれないと感じました

立派な修行者は、何一つ犠牲にすることなく、何一つあきらめることなく、道の歩みを堅固ならしめる
といったお言葉もありますが、

私のやりたいことは、人を巻き込むならばやはり悪行にしかならないと思います
こういったことについては、やはりあきらめなければならないと考えてよいのでしょうか?


 

Re: 遍歴

 投稿者:SRKWブッダ  投稿日:2018年 2月26日(月)09時54分25秒 softbank220063098188.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.250[元記事へ]

> 先日お聞きした質問に加えて、お聞きさせていただきたいことがあります
>
>
> srkwブッダ様は、一度息子さんによって小指から血を流されたことがあったと読みました
> そのあと、奥様がなんどか、息子さんがケーキなどを買ったりしてくれたりするたび、
> 「これで、地獄行きは帳消しね」と聞かれたそうです
> そしてある時、srkwブッダ様が「そうだね」とお答えになり、ほっとしたというような内容でした
>
> これは、何度も質問をする奥様に対する、安心させるための、いわば嘘だったのでしょうか
> それとも、息子さんの内面になにか変化を見て、事実をお話しになったということでしょうか?
>
> そして、srkwブッダ様のツイッターには、自分がなした行為を、悪行だと決めつけてはならない、といったような内容のお言葉もありました
>
> 奥様も一度、身解脱をなされる以前に、生活のことでsrkwブッダ様につかみかかられたことがあり、そののちに身解脱されて、よくあんなことをしたのにそれができたものだといったことを書いておられました
>
> srkwブッダ様は、それについて「それまでやってきたことが功徳で覚れたのだから、それでいい」とおっしゃっていたそうです
>
> これは、いわゆる遍歴修行のことなのでしょうか?
>

→ 悪人は悪行を止めることが出来ない。それで悪人だと知られることになる。もし、止めることが出来たならば、彼は悪人では無かったのだと認められ得る。愚者は愚かである。しかしながら、愚者が自ら愚かであると知るならば、彼は愚者では無く賢者であると認められ得る。同様に、地獄に墜ちるような悪行を為しても、それを完全に止めることが出来、懺悔(さんげ)を生じたならば、彼はついには仏にもなるだろう。ただし、悪行の報いは地獄に墜ちないとしても受けなければならない。なお、あまりにも大きな悪行を犯すと、懺悔(さんげ)する前に身を滅ぼすことになるといわれる。その一例が提婆達多縁起である。

悪行も苦行も、遍歴修行とはならない。これらは無益である。

***


 

遍歴

 投稿者:sn  投稿日:2018年 2月26日(月)05時53分56秒 opt-219-124-162-119.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  先日お聞きした質問に加えて、お聞きさせていただきたいことがあります


srkwブッダ様は、一度息子さんによって小指から血を流されたことがあったと読みました
そのあと、奥様がなんどか、息子さんがケーキなどを買ったりしてくれたりするたび、
「これで、地獄行きは帳消しね」と聞かれたそうです
そしてある時、srkwブッダ様が「そうだね」とお答えになり、ほっとしたというような内容でした

これは、何度も質問をする奥様に対する、安心させるための、いわば嘘だったのでしょうか
それとも、息子さんの内面になにか変化を見て、事実をお話しになったということでしょうか?

そして、srkwブッダ様のツイッターには、自分がなした行為を、悪行だと決めつけてはならない、といったような内容のお言葉もありました

奥様も一度、身解脱をなされる以前に、生活のことでsrkwブッダ様につかみかかられたことがあり、そののちに身解脱されて、よくあんなことをしたのにそれができたものだといったことを書いておられました

srkwブッダ様は、それについて「それまでやってきたことが功徳で覚れたのだから、それでいい」とおっしゃっていたそうです

これは、いわゆる遍歴修行のことなのでしょうか?
 

Re: 悪行の認知

 投稿者:sn  投稿日:2018年 2月24日(土)22時05分14秒 opt-219-124-162-119.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  > No.247[元記事へ]

たくさん説明していただいてありがとうございました
 

Re: 覚りの認定

 投稿者:rx  投稿日:2018年 2月24日(土)21時46分3秒 p3b920be0.tubecm00.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  stkwブッダ様、ありがとうございます。

私には他心通はありません。
(他人の感情のエネルギーは感じますが、他心通というほどではないと思います。)

後は識別作用の滅についてですが、瞬間ですが、無常・苦・無我は観ました。
無常・苦・無我を観た瞬間は、認識作用の滅と同義になりますか?

その瞬間以降、顛倒や厭離の意味が実感を伴って分かるようになりました。
 

Re: 悪行の認知

 投稿者:SRKWブッダ  投稿日:2018年 2月24日(土)21時32分57秒 softbank220063098188.bbtec.net
返信・引用
  > No.246[元記事へ]

> すみません、もうひとつよろしいでしょうか
>
> 以前、srkwブッダ様が、息子さんのことでツイートされているものの中に、
> 音楽家を目指されている息子さんが、途中で安らぎを目指せば問題はないという風な記述がありました
> その問題はないというのは、どういったニュアンスなのでしょうか?
>
> 今までの話では、それまでになした悪行は消えないはずですが、
> いまいち整理がつきません
> もうひとつ、人間とは、そんなに簡単に地獄へ落ちるものなのでしょうか?
>

→ 最終的に地獄に墜ちてしまうかしまわずに済むかの分水嶺は、その事象についてのコントロールの有無でしょう。つまり、その事象に飲み込まれることが無く、自制が利き、執著の根を絶っているかどうかということ。ゆえに、仏教では執著を捨て去るべきことを説くのです。***
 

Re: 悪行の認知

 投稿者:sn  投稿日:2018年 2月24日(土)21時28分17秒 opt-219-124-162-119.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  すみません、もうひとつよろしいでしょうか

以前、srkwブッダ様が、息子さんのことでツイートされているものの中に、
音楽家を目指されている息子さんが、途中で安らぎを目指せば問題はないという風な記述がありました
その問題はないというのは、どういったニュアンスなのでしょうか?

今までの話では、それまでになした悪行は消えないはずですが、
いまいち整理がつきません
もうひとつ、人間とは、そんなに簡単に地獄へ落ちるものなのでしょうか?
 

覚りの認定

 投稿者:SRKWブッダ  投稿日:2018年 2月24日(土)21時27分54秒 softbank220063098188.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.244[元記事へ]

> srkwブッダ様、お返事ありがとうございます。
> どのような情報が必要でしょうか。

→ 識別作用の滅を生じたかどうか?あるいは、他心通があるかどうか?

 ところで、実際に覚ったならば、これらのことがらの意味そのものを自ら理解するところとなるでしょう。誰に聞く必要も無く、もちろん認定してもらう必要もありません。

***
 

レンタル掲示板
/26